Fellowship News No.202010.04.08

〔Topics〕FellowshipNewsは1周年

昨年3月から始めたFellowshipNewsもおかげさまでもう1年。
どんな内容をお届けするか社内で相談したり、掲載するシステムについて資料を整理したり、良い情報をお伝えすべく試行錯誤の1年でした。
これからも新製品や新機能、お使いのシステムの便利な機能、法改正等を中心に配信を続けて参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(小永)

〔機能紹介〕昇給後の金額チェック

異動、昇格、昇給により基本給や手当変更があった場合のチェック方法をご紹介します。
給与システムの実績比較処理を使って、前月の支払済データと比較し、差額をチェックします。

[月例給与計算]→[テキスト出力]→[実績比較]

比較する項目をチェックし、データをエクセルに出力します。
出力後はオートフィルタをかけて前月と今月の差額をチェックし、基本給や手当が正しく変更されているかを確認します。

このひと手間で間違いを発見できますので、ぜひご利用ください。(竹津)

処理画面イメージ
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/200904jisekihikaku.pdf

昇級後の金額チェック昇級後金額チェック-エクセル出力

〔法改正情報〕雇用保険法の改正

雇用保険の保険料率が平成22年4月から変わります。

一般の事業の場合、「全体 15.5/1000、事業主負担 9.5/1000 個人負担 6/1000」となります。

料率設定の変更と合わせて、雇用保険料免除対象者(64歳)の設定も4月の給与計算までに変更の必要があります。
また改正により、短時間就労者、派遣労働者の雇用保険の適用範囲が拡大されました。

(旧)
・6カ月以上の雇用見込みがあること
・一週間当たりの所定労働時間が20時間以上であること

(新)
・31日以上の雇用見込みがあること
・一週間当たりの所定労働時間が20時間以上であること

4月1日以前から引き続き雇用されている方については、1日時点において
31日以上の雇用見込みがある場合は、雇用保険の加入が必要です。

雇用保険料率変更の手順
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201004koyo.pdf

平成22年度の雇用保険料率について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/05.pdf

雇用保険改正リーフレット(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/02.pdf

(小永)

〔コラム〕親睦会

親睦会日常業務の様子

新入社員を迎え新規一転の4月。1月から親睦会の幹事になったため、現在歓迎会の予定を立てています。昨年までは思うがままに要望を出していましたが、いざ受ける側になるといろいろ悩んでしまい幹事の大変さを痛感しています。

そして、親睦会の仕事の一つに、社内で販売する飲食品の購入があります。ジュースやコーヒー、カップラーメン等を購入するとき、どんな商品が売れるのかを考えながら買い物をするのは意外と楽しいです。
親睦会としての1年は始まったばかりで、今後も波乱万丈なできごとを心配しつつ、思い出に残る1年にしたいと思います。(竹嶋)

〔編集後記〕

気持ちの引き締まる4月 今週会社の隣の公園で花見ランチをしました。料理を持ち寄ってのランチで、浅川マネージャお手製の野菜の肉巻きフライには一同びっくりでした。(小永)