Fellowship News No.32009.05.01

〔Topics〕未来へ手紙をとどけませんか?おもひでカプセル便

今回は、CCUが代理店を勤めるおもひでカプセル便のご紹介です。

卒業式シーズンには、アンジェラ・アキさんの「手紙」がニュースで取り上げられていました。
10代の頃未来の自分にあてた手紙がベースとなり、多くの世代で共感を得た曲です。

「おもひでカプセル便」は未来へ手紙を送るサービスです。
指定の年月日(最大20年まで)に指定の宛先に手紙が届きます。

詳しくはこちらまで
http://omoide.ccu.jp/main/scene.html

大事な手紙を預かるのは、公益財団法人丸岡文化財団。
機密性、耐震性に優れた元地方法務局の保管庫、
そして強力消化器「トマホーク3」により安全に大切に保管されています。

また、丸岡文化財団は、平成5年より日本一短い手紙「一筆啓上賞」を実施しています。
丸岡城に残る短い手紙文を刻んだ碑
「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」からヒントを得て始まったものです。

第7回新一筆啓上賞のテーマは「日本一短い手紙『笑』」だそうです。
どんな作品が選ばれるか楽しみです。(小永)
http://maruoka-fumi.jp/shinippitsu.html#shinippitsu07

〔機能紹介〕ログ照会機能(人事・給与システム)

人事・給与システムでは、処理や個人のデータについて「誰が・いつ・何の処理(またはデータの変更)をしたか」が記録されています。

給与システムでは、トップメニュー画面右隅の[データ管理]→[更新ログ]
人事システムでは、トップメニュー画面右隅の[データ管理]→[更新ログ]

から、ログのデータをみることができます。

[処理]のボタンをクリックすると、初期処理、計算処理、更新処理を誰がいつ、どの端末から作業したか、対象人数が何人かを照会できます。

[画面]のボタンをクリックすると、個人情報の変更記録が一覧で照会できます。
こちらも同様に誰が、いつ、どの端末から、どのようにデータを変えたかを参照できます。(小永)

〔法改正情報〕労働保険年度更新(年度更新申告書計算支援ツール)

平成21年度から労働保険年度更新の申告納付時期が6月10日から7月10日に変更されたことはご存じのことと思います。そして今年から年度更新の作業を支援するツールが厚生労働省のサイトからダウンロードできるようになりました。
早速ダウンロードして使ってみました。

算定基礎賃金集計表に各月の人数と賃金を入力していくと、別シートの申告書記入イメージに確定保険料算定内訳、概算保険料算定内訳に値が自動で入ってきます。
転機用の資料なので、このまま申告書として提出はできませんが、年に1度の作業なので記入間違いのチェックに役立ちそうです。

年度更新支援ツール(厚生労働省HP)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/tool.html
(小永)

〔コラム〕写真撮影会

天気は快晴!の某日、社員証の写真撮影会をしました。
撮影するのはCCUが誇るカメラマン小嶋さんです。

レフ板代わりのお手製の白い看板を社員みんなでかざしつつ写真撮影会は進みます。
小嶋さんご愛用のカメラを借り、にわかカメラマンになったつもりでパチリパチリと写してみると、やはり、普通のデジカメとは違う一眼レフの撮影心地。お天気の中無事写真撮影会は終了しました。

今回撮影した写真は社員証や社内の社員名簿向けですが、いずれCCUのパンフレットなどの顔写真として、そのときの写真が皆様のお手元に届く日がくるかもしれません。乞うご期待!です。(松羅)

〔編集後記〕

一筆啓上賞のテーマ「笑」にちなんで、読めば笑ってしまう必笑のサイト。

テーマパーク「4096」
http://tp4096.cocolog-nifty.com/ikigire/

読むと「フフフ」と笑ってしまいます。「コラム息切れ」という本もあって、こちらも悲しいとき、怒ったとき、落ち込んだときに一瞬で笑いの世界につれていってくれるオススメの一冊です。(小永)