Fellowship News No.462014.09.01

〔Topics〕Fellowship News 担当者変更のご連絡

株式会社シー・シー・ユーの三上 結です。

本日お送りさせていただくFellowship News 第46号から担当させていただくことになりました。

前任者に引き続き、Fellowshipに関する情報や旬の話題など、
様々な情報を皆様にお届けしてていきたいと思います。
何かと至らぬ点があるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

〔法改正〕厚生年金保険の料率改定

平成26年9月分(同年10月納付分)から平成27年8月分(同年9月納付分)までの料率は下記の通りとなります。

平成25年9月(10月納付分)~ 17.120%
平成26年9月(10月納付分)~ 17.474%

給与システムでは、9月の給与計算前までに社会保険料率の変更が必要です。
翌月徴収のお客様は、新しい料率での徴収は10月からとなりますが、9月末日退職者がいる場合、1か月分は9月分の保険料率で計算する必要があるため、事前に料率を登録することをお勧めいたします。
また、当月徴収のお客様は9月給与から、保険料率の改定が必要です。

◇社会保険料率変更の手順
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201409shaho.pdf

◇標準報酬月額変更の確認
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201209hyojun.pdf

◇保険料額表(日本年金機構 一般の被保険者
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/00000212326QlC7K0yfd.pdf

尚、厚生年金基金に加入する方の厚生年金保険の保険料率は、一般の被保険者又は坑内員・船員の被保険者の区分に応じた保険料率から、免除保険料率を控除した率となり、基金毎に定められています。

※免除保険料率及び厚生年金基金の掛金については、加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

〔法改正〕健康保険・厚生年金保険 FDでの届出について

日本年金機構からフロッピーディスク(FD)を利用した健康保険・厚生年金保険適用関係の届出を、平成26年9月末をもって受付が終了されます。

現在、FDを利用して届出をしているお客様は、ご注意ください。
※詳しいことは下記URLからご覧ください(日本年金機構)

◇【健康保険・厚生年金保険適用関係手続】フロッピーディスク(FD)での受付は、平成26年9月末をもちまして終了させていただきます。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=27593

◇健康保険、厚生年金保険の届出にはCDやDVDの利用が便利です!
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/000002006840aDVGT0jH.pdf

◇年金機構 媒体申請
http://www.nenkin.go.jp/n/www/sinsei/denshibaitai.jsp

◇CD・DVDで提出用電子媒体を作成する手順について
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3603

※健康保険、厚生年金保険の届出に関しては、日本年金機構までお問い合わせください。

※弊社の給与システムで届出データ作成し、CDにコピーする手順は下記のURLをご覧ください。

◇CDで提出するときは
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201409shiharaitodoke-cd.pdf

→上記資料は、給与システムの基本機能での資料です。お客様固有の処理を追加されている場合は、手順や処理が異なる場合がございます。

〔機能紹介〕人事システム 歴代の支店長を確認できます!

人事システムの【個人履歴簡易検索テキスト出力】機能はお使いでしょうか?
この機能は、個人履歴情報をもとに指定した期間内で変更があった情報をエクセルに出力して検索することができます。

今回、この機能を使用して歴代の支店長を出力・検索する一例をあげます。

○実行先
人事システム→[個人情報(照会)]→[個人履歴]→[簡易検索テキスト出力]

詳しくは下記のリンクをご覧下さい。

◇歴代支店長の確認方法
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201409rirekikensaku.pdf

〔編集後記〕

9月を迎えました。日の暮れが早くなり、秋が深まる頃です。
農家出身の私にとっては、大好きな季節です。

稲穂が風に揺れるさまはとてもきれいで、
更に収穫時期になると稲の香りがあちこちから漂ってきます。
また、食卓にはまっ白でふっくらと炊きあがる新米のご飯が並びます。この時期の最高の楽しみです。

しかしその反面、私にとっては常にマスクと目薬を片時も離せない辛い時期でもあります。はじめは風邪の症状と勘違いし休日に病院に駆け込んだ記憶がありますね。

農家でありながら”稲”に弱いというのはなんとも悲しい話ですが、それでも今か今かと待ち遠しい…、まさしく食欲の秋ですね!(三上)