社会保険料率が変更になります2009.09.02

平成21年9月分から厚生年金保険の保険料率が改定されます。
一般の被保険者の場合、保険料率は15.704%(157.04‰)となります。
厚生年金基金に加入のお客様は、料率について加入の厚生年金基金にお問い合わせください。
また、協会けんぽの保険料率についても、平成21年9月から保険料率が変更となります。
現行の全国一律8.2%から、都道府県毎の保険料率(8.15%~8.26%)となります。

給与システムでは、9月の初期処理前までに社会保険料率の変更が必要です。
翌月徴収のお客様は、10月から新しい料率での徴収となりますが、9月末日退職者がいる場合、1か月分は9月分の保険料率で計算する必要があるため、事前に登録することをお勧めいたします。また、当月徴収のお客様は9月給与から、保険料率を改定する必要があります。

社会保険料率変更手順(PDF)