スマートフォンによる渉外支援システム2010.05.27

スマートフォンによる渉外支援システム

-『Fellowship 渉外支援』 2010年7月1日に発売開始-

株式会社シー・シー・ユー(本社:福井県坂井市 代表取締役社長:青山博喜)は、スマートフォン(高機能携帯電話)による渉外支援システム「Fellowship(フェローシップ)渉外支援」を開発。2010年7月より発売を開始します。
本システムは、今までハンディターミナル端末や紙資料で行われてきた渉外業務を、携帯性の高いスマートフォンで実現し、リアルタイム処理による迅速な業務を可能とします。価格はスマートフォン100台の場合で1,000万円(税別)からとなります。

高生産性による迅速なカスタマイズ性

近年、携帯性、リアルタイム処理等の特徴をもつスマートフォンを活用したシステム構築が注目されています。本システムは、このスマートフォンを利用したシステムを、高生産性開発技術を用いて構築しています。この高生産性により、カスタマイズ機能の追加や新商品への対応などのお客様独自機能への迅速な対応が可能となり、お客様の収益向上などに寄与します。

イメージ1イメージ2イメージ3イメージ4

主な特長

  • 高生産性開発技術とリッチクライアント技術により、システムの修正や機能の追加を容易にし、新商品や新業務へ迅速な対応を可能としています。
  • 修正プログラムはサーバーへの配置だけで修正後の処理をすべてのスマートフォンで即時利用でき、システムの保守作業を大幅に軽減できます。
  • スマートフォンの通信機能による渉外支援サーバーへのリアルタイムアクセスにより、最新情報の照会、訪問記録の即時登録、渉外支援サポート部署からの後方支援を可能とし、業務の高度化と共に、帰店後の事務処理時間を短縮できます。
  • 勘定系や情報系等、他システムのデータをコーディングレスで連携できるツールも併せて提供し、低コストかつ保守性の高い連携システムを構築することができます。
  • 閉域ネットワークの利用、スマートフォンにデータを残さないなどの複数のセキュリティ対策により、高いセキュリティを実現します。
  • 顧客管理項目の項目数・階層数に制限がなく、必要となる情報を容易に追加できます。
  • その他、預り証の発行機能、活動記録、スケジュール登録、金利情報の照会など渉外業務の基本的機能の他、危機対応として、安否確認機能を用意してあります。

主な機能

  • 顧客情報の照会。
  • 訪問スケジュールの管理。
  • 訪問記録の登録・照会。
  • モバイルプリンタによる預り証の発行。
  • 取扱商品情報の照会。
  • 災害時安否報告機能。
  • カメラで撮影した担保物件などの写真ファイルとGPSで取得した位置情報のアップロード機能。(予定)

セキュリティ対策について

  • スマートフォンにデータが保存されないため、紛失時の情報漏洩が発生しない。
  • 閉域ネットワークの利用による強固なセキュリティ。
  • 一定時間放置すると作動するスマートフォンのロック機能。
  • 遠隔ロックによるスマートフォンのロック。
  • 本システムへログインするためのID・パスワード認証。
  • 本システムへの連続ログイン失敗時のログイン拒否機能。
  • 管理部門による特定スマートフォンに対するログイン拒否設定。
  • アクセスログの記録。

この記事のPDFファイルはこちらから     PDFファイル