Fellowship News No.162010.01.08

〔Topics〕個人照会オプション

今回は、人事・給与・就業システムをご利用のお客様向けのオプション機能「個人照会オプション」をご紹介いたします。
部店長など一定の権限をもつ方に限り、就業システムの管理者メニューから個人の情報を照会できる機能です。
家族、住所、役職、資格等級、職務歴、異動履歴、人材育成関連(研修、検定試験、通信教育、公的資格)、最終考課等の人事情報の他、顔写真も表示します。情報単位で表示・非表示の設定が可能です。
人事システムのデータとリンクしているので、いつでも最新の情報を照会することができるのもメリットの一つです。

個人照会オプションご案内資料
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201001kojinsyokai.pdf

(小永)

〔機能紹介〕年末調整のチェックポイント

1月の年末調整事務について取りまとめました。

1月給与計算前までに、家族情報の更新(扶養人数の更新)をお願いいたします。
家族情報に家族を登録していないお客様は、1月給与計算前までに年末調整の繰越処理を行います。

また、扶養家族の異動、保険料控除申告書の内容の変更により、再年調をされる場合は、手順をご確認くださいますようお願いいたします。

詳しくはこちら!年末調整作業チェックリスト

http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201001nencho.pdf

(竹津)

〔法改正情報〕育児・介護休業法改正

昨年末、育児・介護休業法改正の施行日が決まりました。一部を除き、平成22年6月30日から施行されます。
※常時100人以下の労働者を雇用する中小企業については公布の日(平成21年7月1日)から3年以内の政令で定める日に施行されます。

平成22年6月30日に施行となるものは、下記の通りです。

  1. 3歳までの子を養育する労働者に対する短時間勤務制度の措置の義務化、
    所定外労働の免除の制度化

  2. 子の看護休暇の拡充
  3. 男性の育児休業取得促進策(パパ・ママ育休プラス等)
  4. 介護休暇の新設

育児・介護休業法が改正されました!(リーフレット)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/dl/tp0701-1e.pdf

厚生労働省サイト
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/tp0701-1.html

(小永)

〔コラム〕新年あけましておめでとうございます

旧年中は幣社お引き立ての程、誠にありがとうございました。本年も宜しくお願い申し上げます。
さて、私といえば、昨年12月に鎖骨を折り、思いがけず休養をとることになりました。
休養といっても病室に籠り、たまった仕事、雑用を片付ける日々。一方で、データベースの究極の構築方法ついて、研究・試作をするなど、術後の痛みを除けば、日頃の宿題に専念できる幸運な期間でした。また、人生について考える貴重な時間にもなりました。

NHKの「坂の上の雲」や「天地人総集編」をじっくりみる時間もあり、天と地と人の利 そして義と愛を掲げた生き方について考えることができました。
経済情勢は未だ非常に厳しい折ですが、技術革新という天の利の下、お客様という地を活かし、仕事に真摯に臨む技術者という人の利をもって、時代を拓いていきたいと、新たな気持ちで新年を迎えました。
皆様の今後ますますのご活躍をお祈りして、挨拶とさせていただきます。(青山)

〔編集後記〕

年末は痛々しかった青山も、今ではすっかり元通りです。そして今年CCUは創立20周年。気付けば私もすっかり古株になっていました。(小永)