Fellowship News No.642017.09.13

Fellowship News 第64号をお届けいたします。

〔法改正〕■厚生年金保険の料率改定

平成29年9月分(同年10月納付分)から平成30年8月分(同年9月納付分)までの料率は下記の通りとなります。

平成28年9月(10月納付分)~ 18.182%
平成29年9月(10月納付分)~ 18.300%

給与システムでは、9月の給与計算前までに社会保険料率の変更が必要です。
翌月徴収のお客様は、新しい料率での徴収は10月からとなりますが、9月末日退職者がいる場合、1カ月分は9月分の保険料率で計算する必要があるため、事前に料率を登録することをお勧めいたします。
また、当月徴収のお客様は9月給与から、保険料率の改定が必要です。

◇社会保険料率変更の手順(PDF)
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201709shaho.pdf

◇標準報酬月額変更の確認(PDF)
http://support.ccu.co.jp/users/fsnews/pdf/201209hyojun.pdf

詳しいことは下記URLからご覧ください(日本年金機構)

◇厚生年金保険料額表(日本年金機構 一般・坑内員・船員一般の被保険者)
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-gaku/gakuhyo/20170822.files/1.pdf

尚、厚生年金基金に加入する方の厚生年金保険の保険料率は、一般の被保険者又は坑内員・船員の被保険者の区分に応じた保険料率から、免除保険料率(2.4~5.0%)を控除した率となり、基金毎に定められています。
※免除保険料率及び厚生年金基金の掛金については、加入する厚生年金基金にお問い合わせください。